秒針が無い等、秒を表示しない腕時計ってどうですか(機能性や使い勝手その他)?
=============================

=============================
秒針がない時計は、何だか無機質のような気がします。
自動巻きや手動でネジを巻くゼンマイ時計の場合は、ちゃんと動いているという実感があります。
特に手動式時計でネジを巻くことを“エサをあげる”という言い方をしますが、秒針が動いているとちゃんと食べているという感覚もあります。
クオーツは1針1針乱れぬ動きをしますが、逆にクオーツらしい働きをしていると思います。
・・とはいっても、ゼンマイもクオーツも時計としては基本的に「分単位」まで分かればいいので、意識して秒針を追いかけることはないですね。
=============================
続き、指で触る時計は突点などで時刻を表し私が使用している精巧の製品が一番読みやすい腕時計です。
こちらの製品は盲人用具として発売され、健常者の注文をお断りするケースがあります。
万一友人様などに視覚障がい者の方がおられましたら本人に直接注文させた方が便利です、ご注意ください。
また、こちらの時計は指の感覚が鋭い人向けとして発売され、夜行バスなどでも他の乗客に迷惑をかけずに時間を知ることができますので音声タイプより人気を集めています。
=============================
私は視覚障がい者、私たちの時計は上のガラス部分を開閉することができ、指で触って時刻を知ることができるのです。
こちらの時計も秒針がなく、針に直接触っても壊れにくい構造になっていますが防水タイプではありません。
もう一つありましてデジタル表示などを音声情報に変換し「午前10時8分です」というふうに現在の時刻やカレンダーなどを読み上げてくれる時計が発売され、ピラミットの形をしたタイプは一番のヒット商品になっています。
最近25年ぶりに復活したピラミットトーク、昔より便利な機能を充実させ精巧クロックから健常者にも発売されています。